徒然ブログ

46年目の今日

投稿日:

1972年5月15日 沖縄が27年に及ぶ米国(米軍)支配から日本へ施政権が返還されたのが46年前の今日。 当時小6か中1だった頃は、難しいことはわからないけれど「ドルから円に代わる」「パスポートなしで日本(内地・本土)へ行ける」「車が右側から左側に代わる」という社会現象に、なにか憧れというか、とうとう来たというか、わくわくするような感覚だったことは今でもしっかり覚えている。   道路やダムや社会資本が整備され、生活の利便性も向上して、それらの経緯を今改めて思い起こすと沖縄は間違いなく発展したなと思う。   しかし、そこで足が止まる。米軍支配は変わっていない。日本国政府は根本的にそのことは変えようとしていない。 これは、軍用地主がいるとか基地で働いている人がいるとか基地関連で収入源を得ている人がいるとかの個人的な生活のレベルではない。 現実として、日米安全保障体制の大部分をいまだに沖縄が背負い、その被害も沖縄が比例して受けているという意味での、人権と存命のレベルのことだ。   47年、48年…あと何年たてば、この人権のことも命のことも語らなくていい本当の「祖国復帰の日」が来るのだろう。   フェンスの中の、あの米国風な生活へのあこがれが段々薄れていく中で、復帰の日の現実は重くなっていく気がする。

徒然ブログ

国会空模様

投稿日:

2018年5月7日、九州の奄美地方が梅雨入りしたようだ。沖縄も8日か9日には梅雨入りすると思われる。玉城の後援会主催親睦グランドゴルフ大会が13日に予定されているけれど、おそらくその前日と当日はしっかり晴れてくれるだろう。なぜか、自身がかかわるイベントの際の天気には自信がある。 しかしその根拠はまったくない。空威張り=から天気→いい天気、みたいに。   さて。国会の空模様は相変わらずどんよりとしている。 国会審議は再開したものの、公文書改ざん・虚偽答弁・日報隠ぺいなどの国会そのものを揺るがしている重要問題に、新設された党を含め野党連携でどこまで追及できるだろうか。 やるべきことはきっちりとやる。しかし「審議による追及」とその他の合わせ技が必要となるのが国会における戦いの常套であるとすれば、次策のカードをいくつか用意しておく周到さも同時進行させておかなくてはならない。そこの連係が国会の審議再開と共に改めて野党は求められる。   多岐にわたる心構えをもって再開しなくてはならないという意識がここは肝要と思う。

徒然ブログ

審議再開

投稿日:

与党との押し引きの結果、やっと審議再開メドが立った。 なぜ事前合意項目では出していなかった参考人招致を合意協議最終盤の直前に出すのか分からないが、明日からの徹底審議に心して臨もう。

徒然ブログ

約束事

投稿日:

今年のGWも、いろいろな方に出会い、いろいろな場面に出かけ、いろいろなことが身の回りにあった日々が過ごせた。健康だからこその感謝を今年もまた感じることができたことに尽きると思う。 さて、7日から再開するはずだった国会審議だが、14:40時点ではまだ再開への見通しが立っていない。はて?与党側も衆院議長のあっせんを受けて、与野党の国会対策委員長会談でまずは審議再開の目途づけをして、順調であれば6野党幹事長・書記局長会談で審議再開の合意を得よう、との流れが今朝までの確認事項だったはずである。 いったい、何が、どこが原因で躓いているのか、見当がつかない。 一応、今の時点ではその状況であることも備忘録としておきたいと思う。 「約束事は守る」その信頼あってこそ話し合いははじめて成り立つのではないかとも思うし。

徒然ブログ

5月こども月間

投稿日:

5月をイメージとして表すもので一番好きなのは、こどもと関連するもろもろじゃないだろうか。 こどもの日、鯉のぼり、武者人形から、連休のGWなどもこどもたちが楽しく遊ぶ雰囲気が思いうかぶ。 誰の、どこの、どのような境遇でも、こどもたちから笑顔が失われることがないことを心から願いたい。