人気のmenu


恩納村の海岸沿いにあるレストランの人気menu《ビーフカレー》
このカレーが食べたくて石川インターで高速を降りて立ち寄る那覇・南部からのファンもいらっしゃるほど!
味も辛料が強くなく、柔らかいお肉もまたgood〜。
ちなみに小食の玉城はご飯の量を少めにしてもらいましたが満腹&満足でした(*^_^*)。

ジャズベース


中古楽器屋さんで安いジャズベースを手に入れました。
全く弾けませんが新たにチャレンジしてみたいと思い立ちまして。
木目がなかなかいい味してるので、元から付いていた黒いピックガードをはずしてみたら以外にもワイルドな雰囲気に変身!
『目指せジャコ・パストリアス(^o^)/』
気分だけはすでに一流ベーシストです。

新聞の歴史


娘が通う小学校のPTA地域支部主催による社会見学ピクニックに参加してきました。
世界遺産に登録されている首里城、識名園、そして琉球新報社内に設置されている《新報・新聞博物館》を回るコースでした。
中でも子供たちが驚きながらも楽しんだのは新聞社の印刷見学です。
今日の夕刊が目の前で印刷されていく様子に目をパチクリ。巨大な印刷機に巨大な原紙のロール、インクのタンクもビッグサイズと
びっくりの連続。
そして新聞博物館では一枚の新聞紙が、どのような人たちがどのようにして作る努力をしてきたのかを真剣な表情で聞きました。
島の歴史、人や文化、ニュースの歴史に触れることのできた楽しい一日になりました。

やさしいハブ酒?


ハブにかまれることをウチナーグチで『ハブンカイ、ウタリーン』(ハブに打たれる・撃たれる)と言い表すことがあります。
このイラストのようなやさしそうなハブから造られたハブ酒なら酔い心地もまったりといいあんべーしそうです。
butしかし、飲み過ぎたら『やさしい頭痛』とはいかないかも知れません。
お酒は、やはりほどよく美味しくとご留意下さい。

要請行動


先日現地調査した安田診療所の休止に関する件で、22日本日、県病院事業局へ継続診療の要請に行きました。
県立病院の累積赤字が重なり、加えて医師や看護士の離職や不足の問題など予想以上に厳しい見解をうかがいました。
しかし『だから分かって下さい』と受けとるには若干抵抗があることも事実です。
県は県の、村は村として行政の果たすさまざまな役割があり、丁寧で細かい計画設計と丹念な説明責任を住民は求めています。
そのことがたなざらしにされ、はじめに決定ありきで説明されても果たして理解や納得が得られるのでしょうか。
住民課題に光を当てるために更なる調査が大切だと痛感しました。