熱中症対策を

今年2018年の夏は梅雨明けが例年より早かったこともあって全国で猛暑の日が続いている。中でも怖いのは熱中症による症状で、場合によっては重篤化したり死亡することがある。すでに2万人強の方が病院へ搬送されたり手当てを受けていて、亡くなられた方は70人近い。気候・暑さのせいで命を落とされることは本当に気の毒でならない。玉城の周りにも、気が付かないうちに熱中症の症状でダウンした、点滴を受けたなどの話しが聞こえるようになってきたから、本土より比較的風があって涼しいといわれている沖縄とて油断すべきではないということだろう。思い出してみれば子どものころ、直射日光に長い時間あたり過ぎると「日射病にかかる」と教えられた。暑い最中には帽子をかぶること、水を飲むこと、日陰で休むことなど、大人の方からそう教えられた。あの当時は熱中症という言葉もなく、暑さで倒れるということは学校の朝礼などで気分が悪くなる生徒がいたくらいではなかったかと記憶している。しかし昨今の日本だけでなく世界的な気候変動や自然環境の変化は、従来営まれてきた人の生活感をも狂わせてしまっているのかもしれない。過去の生活の記憶は今の時点では通用しないということを考えれば、「生命を維持するための体調管理」にはこれまでの経験や感覚以上の注意を払うことが必要だということだ。熱中症対策としてすぐできることを考えると、暑さを感じるときには水だけでなく塩分や糖分ほかミネラルなども早め早めに補給すること、熱気をとどまらせずに部屋の窓を開けるなど風通しをよくすること、夜も暑さで寝苦しいときには、扇風機もいいが部屋に付いていれば室温を適宜保つためできるだけエアコンも使うこと、などだろうか。熱中症は決してあなどれないと気を付けねば。長い夏はまだまだ続く。