聖夜2017

毎年のクリスマスの時期に思うこと。

宗教や振興に関係なく、誰もが幸せに感じられる時間を、

できればひとりではなく誰かと一緒に過ごしたりすることを

大事にしてほしい、というとても自然なこと。

けれどその自然なことが叶えられない、あるいは叶えられにくい状況に

いる方たちのことも含めて、誰かをおもいやれるような気持ちも

自分自身に問いかけてみてほしい、と思う。

幸せな人が幸せになれるのではなく、誰でも幸せになれることが

できる世界になってほしい。

願いや希望は決して失われたりしない世界になってほしい。

そんなことを、やっぱり今年のクリスマスにも考えてみたりしている。