会期末におもう

11月1日から開かれた特別国会も12月9日(実質的には8日)で閉会する。

平成十二年から導入された党首討論「クエスチョンタイム」も導入後初めて開催されない年となる。10人以上の議員が所属する野党の党首が総理へ質問し、総理からもまた野党党首へ質問できるという相互問答形式。しかしこれだけ野党の数が増えたら、45分の時間はあっという間に消化終了してしまい、国民にとって最も肝心な「論点の深まり」は思うほどには期待できないかもしれない。

しかしそれでも、国会改革のために導入したこと。始めたことは一貫して行うべきではないだろうか。

議論はいつも行きつ戻りつ。もどかしさを感じた会期だった気がする。

今国会では、「国会改革のために従来の慣例によらず与党にも充分な委員会での質問時間を与えよ」と要求が上がり、現場の各委員会でもそのためもめている様相もまた見受けられた。

それには意見もいろいろあろうが、与党が十分な質問時間を要求するのであれば、野党にもまた十分な時間を配分する、それでいいのだと思う。野党の数だけ時間が増えるのであれば、当然、国民の代理としての声が十分に国政に反映されるべきである。

会期・外交日程・事前の与党側の法案審査など、通常国会と臨時会を分けている今の方式ではなかなか厳しいというのであれば、通年国会にして、いつでも国会が開かれているように「改革」することも議論していい。

いままでにも議論した経緯があるようだけど、参議院のように衆議院も質問時間はそれぞれの持ち時間制にして、答弁で時間をとられても質問する時間を確保するのもありじゃないかな。通年開会にすればそれもまたできないことはないと思うけど。

やることに躊躇するよりも、やって改善していくほうがわかりやすい、ともいう。

やってほしいこと、やらなければならないこと。常に目の前に横たわっている。