果てないギネン

共謀罪への国民の不安や疑念が払しょくされない(できない)ままに中間報告(審議途中打ち切り)を受けて採決された国会会期末直前。

文科省からの調査報告第二弾についての審議も中途半端なまま国会を延長せずに閉会。

さらに出てきた「萩生田官房副長官ご発言メモ」に関する疑念にも「正確性を欠く」「再確認については考えてない」とする文科省。

内閣府は知らぬ存ぜぬ。文科省は事実確認を放棄、調査はちぐはぐで中途半端。

誰の言葉(圧力)を忖度するのか知らないが役所は大臣・副大臣からして身内の仲間をかばうという気概が全くない。

自分らが頑張っても仕方がないだろ、と表情ににじむ答弁書作成の苦労の影。

このままでは終われないだろうにナぁ。