いい笑い

癖のある人はモノマネのネタになりやすいという。

声、表情、仕草など、一見して「その人らしさ」が伝わる形態模写や声帯模写は、芸能としても、その一角を築いてきた。

それは、見ている側の観客も、演じる側の芸人も、お互いに「見て楽しもう」「笑っていただこう」というお互いの理解が前提になるからだろうと思う。

であるからこそ、歌手・芸人から動物まであらゆる個性豊かな存在が、本物からより誇張(デフォルメ)されて演じる側に表現されることで、お互いに求める「笑える」関係になる、ということだ。

さらに言えば「知っている」からこそ笑いにもなる。知らない人や動物を真似されても、知らないものには笑いは起こらない。それも共通する理解あってということ。

「笑う」という気分を「質のいい状態」で丁寧に作ってほしいと思う。

「笑うこと」が、暗に差別や偏見に見られてしまわれないようないいものを。

お互いが「これはいい笑い」だと自然に共感できるものを心から楽しみたい。