玉城デニーの基本政策~「六・核・形」

2012/0808

 

○地域主権

地域の力を振興する政策をすすめ、沖縄オンリーワンを目指します

・地域のことは地域で決める、地域の仕事は地域に任せるために、国から県や市町村への予算と仕事を移します。 ・道州制や一国二制度など根本的な地域の在り方を定め、将来の財源移譲と権限を移す政策に取り組みます。 ・LRTなどの鉄軌道を本格的に導入して新しい総合的交通体系を構築し、街づくり計画との連計を図りながら自立と共生をめざす沖縄振興につなげます。

 

○経済/雇用

デフレ不況を脱却して、沖縄の経済力を逞しくします。

・政府と日銀が連係して確実な成長を目指す財政・金融政策を実現します。・中小/零細企業へ確実につながるための公共投資を行い、軽減税率の適用等で現場の経営と雇用を支え、実質的な内需の拡大と景気対策を図ります。・観光産業が地域経済の振興に資するための拠点整備と、通訳・案内・体験指導者などの人材育成を図り、広域連携を含めた情報機能を強化して積極的な展開を図ります。・沖縄をアジアに向けた〈ハブ~中継拠点〉とする国際的物流拠点の整備を進めて企業の進出と流通体制を拡大し、空港・港湾・陸上・が一体となって広げてゆくグローバル・ロジステッィク・ネットワーク形成を進めます。・農業、漁業、畜産業の六次産業化、「ものづくり産業」への支援を強化し、若年世代の雇用の安定、後継者網を広げてゆく経済政策に取り組みます。

 

○社会保障/医療

安心できる社会保障制度を確立し、沖縄の医療を守ります。

・持続可能な年金制度と世界に誇れる皆保険制度をナショナルミニマムとして維持し、日本全国どこに住んでいても適切な医療・介護サービスが受けられる社会を守ります。・高齢化が進む社会のなかで、健康的な活力を維持して積極的に社会参加できる豊かな地域づくりに取り組みます。・沖縄の中北部およびへき地や離島格差を解消させ、緊急時の医療体制に備えるドクターヘリの運営を支援します。・沖縄における乳幼児期の医療費無料化に取り組みます。

 

○子育て/教育

子育て環境の充実に取り組み、沖縄の子供たちの笑顔を育みます。

・働きながら安心して子育てできる環境を整えるために保育所と幼稚園の連けいを構築し、放課後児童クラブ等の充実に取り組みます。・経済的な負担を軽減する政策をすすめて、子育てや教育における貧困格差、地域格差を解消します。・沖縄の子供たちの基礎学力向上のために家庭・地域・行政・学校現場が連係して支援を図れる取り組みを強化します。 ・日本のフロンティアとなって世界に飛躍していく目標としての語学教育や技術力要請などの環境整備を進めます。

 

○安全保障

米軍基地の負担軽減を実現させ、沖縄の平和と安全を実現します。

・対等な同盟関係を基本とする安全保障環境を築き、海兵隊普天間基地の早期閉鎖と辺野古移設断念、過重な負担を軽減するための在沖米軍の整理縮小、県外国外への移転、基地従業員の雇用転換、基地跡地の利用促進の取り組み等を強く求めます。・不平等な日米地位協定の抜本的見直しに引き続き取り組みます。・我が国の国境に位置する島しょ地域の安全政策を地元としっかり協議し、平穏に生活できる環境を整備します。・国連関連組織のアジアセンターを沖縄に設置し、食・環境・人間の安全保障など積極的に取り組みます。・緊急災害等に備えるために、治療や手術の設備を有する「病院船」の建造を推進します。

 

○文化/伝統

自然環境を時代へ引き継ぎ、沖縄の歴史・文化・伝統・魅力を発信します。

・我が国の多様な自然や文化遺産を保全して後世に引き継ぎ、固有の歴史・文化・伝統の振興に力を注ぎます。・子供たちが郷土文化や芸能に接する機会を多く設けるとともに、青年世代が担う地域の伝統文化継承への支援政策を充実します。 ・地元で活躍できる自然ガイド・文化ガイド・歴史ガイドなどの養成と分野ごとの連携を図るネットワークプログラムを進めます。・施設整備、人材育成などスポーツ分野への積極的支援に取り組みます。

ひたむきに沖縄、自立と共生をめざす政策実行。